サンタさんからのプレゼント

クリスマスの時期になると、いつも子供のプレゼントで頭を悩ませます。

小さいうちは欲しいものもオモチャが多く、子供たちの欲しいものが親にも分かりやすいです。

でも、いつまでサンタさんの存在を信じているのか、いつまでプレゼントを渡すのか、親としては悩むところです。

ちなみに、私は小学生までサンタさんの存在を信じていました。
クラスメイトの男の子と、サンタさんの存在について本気でケンカしてたくらいです。

心の中ではサンタさんの存在を疑いつつも、本当にサンタさんがいてほしい、という願いもありました。
結局クリスマスのプレゼントは小学生まででしたが、クリスマスの朝にプレゼントを見つけたときの喜びや、開けるときのドキドキ感は今でも忘れられません。

我が家の子供もいつかサンタさんを卒業する日がくると思うと、寂しいような複雑な思いです。
親としても、あと何回サンタさんでいれるかな、と思いますが、子供の喜ぶ顔を間近で見ておきたいものです。